トピックス TOPICS

2016年11月15日

MOILの諸々「藻の向こう側」

 よく藻の向こう側には何があるのかと思います。食品、機能性材料、飼料、燃料などへの実用化が行われているのは、藻の有効活用を誰かが想像したからです。先人たちの想像の積み重ねで現在に至り、現在を生きる我々が想像した未来に誰かが至るのでしょう。誰も想像していない藻の向こう側には何があるのか思いをめぐらしています。
 愛のキューピッドは矢で表現されたり、戦国時代の合戦の最中に弓矢に伝聞を結んだりと、「矢」は何かにつけてメッセージを連想させます。あいうえお順で、「藻(も)」の次は「矢(や)」であることから、「藻」の向こう側には、誰かの心に届くメッセージ「矢」があるのでしょうか。それを放つ我々は「弓」の担い手として、遠くに思いを届けます。そう、飛行機の燃料を作ることで。


Page Top