トピックス TOPICS

2017年1月24日

MOILの諸々「バイオ燃料の優位性③」

 バイオ燃料はたいていの場合、液体燃料を想像するかと思います。ガソリン、ディーゼル、ジェット燃料などなど。ガソリンは主に自動車に使われています。ハイブリットカー、電気自動車、燃料電池車の普及と共に、ガソリン需要は減ると言われています。ディーゼルに関しては、自動車だけでなく、産業機械、船舶などに使用されています。自動車と比較すると、産業機械や船舶のエンジンは大きく、自動車の非化石燃料化が進んでも、ディーゼル需要の全体量への影響はガソリンほどではないとの試算があります。一方で、ジェット燃料に関しては、エンジン出力の関係から液体燃料からの代替は難しく、液体燃料最後の供給先と言われています。
 バイオ燃料には、石炭と代替する固体バイオ燃料、天然ガスと代替する気体バイオ燃料も存在します。また、近頃、世間で注目を集めている水素もバイオマスから製造することができます。現在、使用されている水素ガスは化石燃料を使用して生産する水素、工業生産の副産物として出る水素が大半です。ところで、宇宙へ飛ぶロケットの燃料は液体水素です。水素はバイオマスから製造可能で、藻はバイオマスです。すなわち、藻で宇宙へ行く夢は、ただの夢で終わる話ではありません。夢というバイオ燃料の優位性のお話でございました。


Page Top