トピックス TOPICS

2018年6月29日

MOILの諸々「ポーランド戦」

サッカー日本代表、決勝トーナメント進出おめでとうございます。セネガルとは同率ですがフェアプレーポイントというイエローカードの枚数1枚差での進出となりました。不本意ではあるがこれが勝負の世界とのことです。
進出するためには一筋縄にはいかないのは往々にあるのでしょう。時には不本意なこともルールの範囲内で行う。決勝トーナメントに進出するためにはポーランドに負けても良いからイエローカードを貰わないように時間が過ぎるのを待つ。藻の事業も賛否両論あるのかと思うと強い意思を持たなければと思いました。

勝者がいれば敗者がいる。敗者がいなければ勝者はいない。これは大前提として相手がいて試合ができることがあります。藻の事業の対戦相手は何なのかはさておき、これからの世の中でプレーするのは我々なのです。決勝トーナメント進出後に優勝がある。藻の事業にも何かがある。がんばれ日本。


Page Top